【スロットがマジで勝てない】100万円以上稼いだ私がオススメの方法・理由を教えます!【これで勝てる!】

2020年2月20日

スロットで100万円稼ぐ方法!!

毎日、日夜、大繁盛となっているパチンコ店。

✅ パチンコ・スロットでお小遣いを稼ぎたい!

お小遣い稼ぎのため、足繁くお店に通う人々が大半かと思います。

しかし、パチンコ・スロットは所詮ギャンブル。

意気揚々と遊戯した結果、惨敗してしまう人がほとんどです!

では、どうすれば勝てるのか?

本日は、スロットで通算100万円以上のプラスを叩き出した、著者ならではの攻略法やオカルトをお教えします!

現在は競馬にハマってしまい、スロットに関しては半年に1〜2回くらいしか遊戯しておりませんが、私の過去の経験談が、皆さんの何かの知識になればと思い、今回色々ご紹介させていただきます!

台の性能を知る!

まず、基本的なお話になりますが、スロットは「設定1から設定6」という括りで、店舗側が出やすい台、出にくい台を調整しています。

そのため、客側は台の性能を知った上で、いわゆる設定判別をしていくことが重要となります。

「アイムジャグラーEX-AE」

例として、全国の店舗には必ず設置されているであろう、ジャグラーシリーズを挙げてみます。

右図は「アイムジャグラーEX-AE」のスペックになります。

設定によって、REGやボーナス合算に大きな偏りがあることがお分かりいただけるかと思います!

✅ 台を知り、高設定を掴みましょう!

正直なところ、このご時世ですから店舗のほとんどが低設定だと思います。

しかし、台を知っているか知らないのとでは雲泥の差です!

まずは自身の打ちたい台について、勉強してみましょう。

打つタイミングを見極める!

当たり前ですが、スロットは何も考えず座って打つのはNGです!

✅ 台の上部にあるデータを見る癖をつけましょう!

台の性能を勉強したならば、いわゆるデータの波が見えてくるはずです。

スロットには、一定ゲーム数に達したら必ず当たる「天井」や、一定ゲーム間で当たりやすくなる「ゾーン」などが存在します。

ミリオンゴッドー神々の凱旋ー

ハイリスク・ハイリターンが癖になり、多くのファンがいるこの台を例に取り上げてみます。

通常時天井:1480Gハマり+前兆

※設定変更時については、10%で510G天井、あとは大半の確率で1000G天井となります。

このことから何がわかるでしょうか?

人によって遊戯できる時間というのは異なると思いますので、状況別にご紹介します。

1 朝一から打つ場合

・設定変更がされるかされないかは、店舗の気まぐれです。
凱旋については設定変更がされててもされてなくても、期待値のある台を狙いたいところです。
「据え置き天井」を意識してみましょう!
例えば、前日1000Gやめの台があったとします。
店舗がその台をいじらずにデータのみをリセットした場合、あと480Gで天井到達です。
期待値満載ですよね!

2 昼から夕方に打つ場合

・凱旋の場合は、天井狙いしか期待値がありません。
最低600G以上回されている台を狙いましょう。

簡単にご紹介しましたが、このように天井狙いやゾーン狙いに特化すると、無闇に打つ機会が減ります。

また、このような立ち回りを「ハイエナ」と呼びます。

✅ 店舗のハイエナになり、良い台が空いてなかったら別の店舗に行くか、潔く帰りましょう!!

私がスロットで稼いでいた頃は、1日4〜5店舗の移動は当たり前でした。

せっかく来たし、打っちゃおうかなー

こう思った瞬間、あなたの負けなのです。

1回で使用する金額を決める!

パチンコ・スロットで破滅する人の特徴。

1 当たらず頭に血が上る
2 財布の中のお金をすべて使用してしまう
3 ATMに直行
4 当たっても収支的に大惨敗

想像するだけでも怖いですよね。

これは私の経験談ですが、スロットで勝つときは大半が「小額投資」のときでした。

高設定だと思われる台を打つことや、ゾーン狙いなどをしていると、大抵2万円以内で当たってくれます。

そこからどこまで出玉を伸ばすかは、運とタイミングになりますが。

私自身のルールは、「1回に3万円以上は使用しない!」ということでした。

勝つときは勝ちますし、負けるときはすんなり負けます。

しかし、将来的収支を考えたときに、負けた日の金額をいかに抑えられるかが重要な要素となります。

10戦やって7勝3敗の戦績だったとします。

7勝はすべて2万勝ちで、14万円のプラスです。

3敗がすべて5万負けだったら??

そう。15万の負けとなってしまい、最終収支は1万円のマイナスとなってしまいます。

これは結果論ですが、スロットの戦績が良くても負ける人は必ず出てくるということ!

✅ 潔く負けを認め、無駄な追加投資をしないこと!

✅ ギャンブルということを忘れず、常に自分を客観的に見れること!

これらは覚えておきたいマインドとなります。

他の台や、店舗の状況を観察!

これは昼から夜にかけて、ぜひ気にしてほしいことになります。

当然ですが、日によって出る台と出ない台は異なります。

昨日出ていた台が、今日は出るとは限りません。

✅ まず入店したらホール内をグルッと周回しましょう!

出てる台の「台番号」は?

今日はどの機種に力を入れている?

データから見て設定変更されてそう?据え置き?

ホール内にヒントはたくさん隠れています。

✅ 店舗の癖を少しでも把握しましょう!

また、これは私の気持ち的なお話ですが、昼頃に打ちに行く場合。

5台ジャグラーがあり、3台は高設定っぽい。残る2台は空いていて、まだあまり回されていない。

打ちたいと思いますか?

残る2台も高設定だと思いますか?

このような場合、私は避けるようにしてきました。

打ちたい台がある場合、同機種の他の状況をよくチェックすることです。

✅ 視野を広く、ローリスク・ハイリターンを心掛けましょう!

あなたは戦場にいるのですから。

さて、ここからはオカルト編といきましょう!

台をご機嫌にさせる!

スロットにはいわゆる「ヒキ」という言葉が存在します。

え?スロットなんて運ゲーでしょ!?

こう思う方もいるかもしれません。

しかし、私はヒキはあると思いますし、私自身ヒキは強いほうだと自負しています。

スロットはレバーオンと同時に何らかの抽選をしています。

全然、演出もなにも発生しない。(怒)

あるあるなこのような場合。

✅ 右手で打っていたのを左手にしてみましょう!

✅ 速く打っていたのをゆっくりにしてみましょう!

✅ 強めに叩いていたのを優しめにしてみましょう!

ときに「打ち方」を変えてみることで台に変化が!?

私は場面によって打ち方を変えています。(笑)

台より店員との戦い!?

ここで言う店員とは、アルバイトの若い子ではなく、ホールの奥にいる社員のことです。

私のルール(オカルト)を2つご紹介したいと思います。

私は、地方の店舗などでは、ときにスロットの演出を店舗側が遠隔操作しているのでは?と思っている派です。

このことを理解した上でご覧ください。

✅ 常連だと認識されないこと!

まずスロットを打ち、A店で大勝したと仮定します。

私のルールでは、しばらくA店に行くことをやめます!

店舗側に常連であるか、そうでないか判断されることは重要な要素だと考えるからです。

ビギナーズラックという言葉があるように、なぜか初めてスロットに挑戦した人は勝つ人ばかりだと思いませんか?

私の公式では、

常連=遠隔操作の対象
新顔=遠隔操作の対象外

このように考えているわけです。

したがって、なるべく多くの店舗を回り、1つの店舗には固執しないようにしています。

✅ 店員から同情されろ!

続いて、遠隔操作が存在するのであれば、台には隠しカメラが設置されているはずです。

店舗側としても、ゴト対策などの防犯的な理由から隠しカメラは正当化できますからね。

そして、台を遊戯していて、まったく当たりそうな気配がなく、負けそうな雰囲気のとき、私がよくやっていた手法。

今にも死にそうな表情を浮かべ、絶望的な雰囲気を醸し出すことです!(笑)

店員から同情され、遠隔操作によって演出を与えてくれるかもしれません。(笑)

また、体調が悪いときに限って当たりまくるという人がよくいますが、これはもしかしたら同情によるものかも!?

以上、私のくだらないオカルトでした。

自宅で特訓あるのみ!

✅ 好きで好きでたまらない台がある!

✅ 心の底から遊戯を楽しみたい!

ホールで遊戯をしていると、お気に入りの台は誰でも存在しますよね!

しかし、スロットは所詮ギャンブル。将来的な収支を考えると、ホールでの遊戯は遠慮がちになってしまう方もいるのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが実機の購入!

「パチスロバンク」はパチンコ店に置いてある、パチンコ機やパチスロ機の中古台を、自宅で気軽に遊べるように加工・整備し、お届けしています!

最新機種からレトロ機種まで幅広いラインナップとなっており、お探しの実機が必ず見つかります!

商品自体も、3年間のサポートがあるため安心ですね!

コチラはラインナップの一例です!

口コミも豊富で、店舗側の配慮もしっかりしていますね!

パチスロバンク

実機特訓で台の性能を知りまくるぞ!!

スロット

Posted by ryon