【おすすめ】効率のいい勉強法、やる気の出る勉強方法とは!?【9のこと】

2020年2月20日

伸びる人の「すぐやる」勉強法とは!?

ども!りょんです。

本記事は次のような方に向けた内容となります。

✅ 勉強が死ぬほど嫌い!
✅ 勉強しても効果が薄い!

勉強が嫌いな方は、ちゃんとした勉強法を知れば、勉強が好きになります。

勉強の効率性が悪い方は、効率が良くなれば、より勉強に対する意欲が湧きます。

そんな本日は、「効率の良い勉強法・どんどんやる気の出る勉強方法(9のこと)」を皆さんに伝授したいと思います。

それでは、早速どうぞ!!

キリのいい時間から勉強しようとしない

その①!

キリのいい時間から勉強をしようとする人は、永遠に勉強ができません。

夜の8時からスタートしようとすると、必ずテレビで面白い番組が始まります。

予告編が流れると、本編も見ずにはいられないものです。

そのうちに「今日は9時からでいいや」と考えて、そのままテレビを見続けてしまいます。

そして、また今度は9時からもっと面白い番組が始まるのです。

もちろんあなたは簡単にこの誘惑に負けて「今日は特別だ。11時からは絶対にやるぞ!」と意気込みます。

夜も11時になると誰でも小腹が空いてきます。

そこで、腹ごしらえにカップラーメンを食べます。

こうして睡魔に襲われて「明日の朝早く起きて勉強だ!」と決意して、翌朝脆くもその決意は崩れるのです。

これが勉強のできない人の典型的な生活パターンです。

✅ こんなダメ人生から脱却するには、キリのいい時間から勉強しようとしないこと!

8時から勉強するのではなく、今この瞬間から勉強するのです。

キリの悪い時間から始められるのが、「やる気」なのです。

キリの悪い時間から始められるのが、「本気」なのです。

✅ 勉強に限らず、スタートするのは今この瞬間がベストタイミングなのです!

勉強開始時に漫画本を選ぶ人は、将来楽しみ

その②!

これはすべての勉強に当てはまることですが、最初の1冊目にどんな本を選ぶのかは極めて重要です。

努力家なのに勉強でなかなか成果が出ない人は、いきなり名著と呼ばれる本から入ってしまいます。

名著から入ってもスイスイ理解できる人はそれでいいでしょう。

ところが大半の人は名著が名著だと理解できずに挫折してしまうものです。

✅ 名著が名著だと理解できるようになるためには、初歩や基礎がしっかりとできていなければならないのです!

初歩とは教科書の例題レベルであり、基礎とは教科書に準拠した問題集レベルだと考えればいいでしょう。

大学受験でつまづく生徒というのは、小学生レベルの勉強が理解できていないケースが顕著です。

特に理数系だと、いくら中学や高校の勉強を長時間しても、小学生レベルの算数がおろそかだと、一向に成績が上がらないのです。

そのため「落ちこぼれが一発大逆転で見事一流大学に合格!」という成功談は、ほとんどが私立文系のはずです。

私立文系なら中学レベルからの英語で多少苦労するくらいで、あとは暗記で凌げるため、小学生からの積み重ねはほぼ関係ありません。

少し話が脱線しましたが、初歩をおろそかにせずちゃんと理解することが、あらゆる勉強の要なのです。

そして、初歩を理解するためには、いちいち他人の目を気にしないことです。

✅ 漫画本でも、幼児向けでも、絵本でも、自分が理解できる本で初歩を習得するのです!

初歩さえ妥協せずに理解すれば、基礎も標準も応用も短時間でクリアできます。

問題集は、1回目をとにかく早く終わらせる

その③!

受験や資格試験などゴール設定が明確な勉強だけでなく、仕事で早く概要を掴みたいという場合にも共通する勉強のコツがあります。

それは、とにかく1回目を早く終わらせることです。

✅ 受験や資格試験などの勉強をする際は、参考書や問題集をとにかく一度最後までやり切ることです!

テキストは1回目をとにかく早く終わらせるというやり方をオススメします。

とりあえず1回目を猛スピードで最後まで終わらせてしまえば、2回目以降は精神的にも時間的にもどんどん楽になります。

3回目、4回目になると「何とかなる」と思えてくるのです。

仕事で膨大な資料を与えられてごく短時間のうちに概要を掴まなければならない場合も、どれだけ取りこぼしがあってもいいから、とにかく一度最後まで読み切ることです。

✅ 最後まで読み切るコツは、いちいち読み返さないことです!

いちいち読み返すな!

この言葉こそプロの姿勢を象徴する言葉となります。

速くすると反復でき、反復すると益々速くなる

その④!

✅ 1年間、何かの分野を勉強すると、その分野の専門家と話をしてもまったく話についていけない状態は避けられるようになります!

もちろん専門家はコチラにレベルを合わせてくれるわけですが、それでも学術的に予備知識がある相手とない相手とでは話の深さが変わるはずです。

予備知識がなければ天気の話で終わってしまいますが、予備知識があればどんどん話を掘り下げて親しくなれます。

✅ この1年単位の勉強のコツとしては、とにかく速く反復することです!

別に受験や資格試験と違って期限があるわけではないですが、わからないところでいちいち立ち止まりません。

もちろん気になった点があればその都度ネットで調べることはあります。

しかし基本的にはいちいち立ち止まらないで、どんどん先に進むことによって、あとから知識が繋がってくるのです。

1回熟読しようと果敢に挑戦して挫折するより、最初の3回は通読でいいと割り切っているほうが断然吸収率は高いのです。

1回目にわからなかったことも、2回目にはわかるようになっています。

2回目にわからなかったことも、3回目にはわかるようになっています。

わかるようになってくると、ますます読むスピードが速くなります。

速くすることで反復でき、反復することでますます速くなるのです。

何度も反復しているうちに、その本が自分の体の一部のようになり、「自分が編集者ならここをこうするけどな…」などとつい余計なことも考えてしまいます。

✅ 結局のところ、反復に勝る勉強はないのです!

動画授業は楽しく、継続もしやすい

その⑤!

あなたは学校の授業を受けていて眠くなりませんでしたか?

実は私はその典型でした。

授業がまるで子守唄のように聞こえてきて、すぐに眠くなりました。

いつも思っていたのはこんなこと。

本に書いてある内容をわざわざ読み上げてくれなくてもいいのに…

✅ 精鋭の専門家たちが執筆した詳しい模範解答は、学校の教師の拙い解説よりも遥かにわかりやすい解説なのだから、それを見て勉強しない理由などありません!

また、現在私は年会費を払って動画授業を受けていますが、いずれ学校の教師を全員クビにしてこうしたプロ講師の授業を全国に流せばいいと確信しています。

子どもたちは学校に無理に通う必要もなく、自宅で動画授業を受ければいいでしょう。

動画授業ならわからない部分を繰り返し視聴できるし、わかる部分はすっ飛ばせます。

真面目な話、国が本気で教育改革に取り組んで動画授業を導入すれば、子どもの学力は大幅にアップするはずです。

そのくらい一流講師の動画授業は楽しく、継続もしやすいのです。

✅ あなたも学ばなければならないことがあれば、今すぐ動画授業を受講してみることです!

間違いなく勉強好きになって、夢中で取り組めるはずです。

インプットしたことは、すぐにアウトプット

その⑥!

自分は記憶力が悪いと悩んでいる人がいます。

そんな人にオススメの方法があります。

憶えたことを、すぐに実践したり、他人に説明したりしてみることです。

✅ インプットしたことをすぐにアウトプットすると、グンと吸収できるのです!

これは脳科学的にも立証されていることです。

本当に理解しているなら、誰にでもわかるように説明できるはずです。

他の人にわかりやすく説明できないということは、本当は自分もわかっていないということです。

本当に理解しているなら、どんな質問にもわかりやすく答えられるはずです。

答えられない質問があるということは、本当は自分もわかっていないということです。

インプットが少ないままにアウトプットすれば、すぐに知識が枯渇してしまいます。

するとそれがあなたの学習意欲に火をつけて、ますますインプットできるようになります。

自分としてはかなりインプットしたつもりでいても、いざアウトプットしてみると意外に早くネタが底を尽いてしまうものです。

アウトプットすることによって大量のインプットがこなせるのは、呼吸と同じです。

✅ アウトプットすることによって、人の記憶力は定着するのです!

「難しい」と言わない

その⑦!

これは勉強に限りませんが、何か壁にぶつかるとすぐに「難しい」と口にする人がいます。

「難しい」と口にすることによって、本当に問題は深刻化していくから言葉の力というのは不思議です。

もし勉強で早く上達したければ「難しい」といちいち口に出して言わないことです。

例えば、クロスワードパズルが好きな人は、難問題を見て「難しい」と言わず「面白そう」とはしゃぐはずです。

✅ あなたもうっかり「難しい」と言いそうになったら、「楽しい」「面白い」「素晴らしい」とワクワクする言葉に変えて発することです!

鏡を見ればわかりますが、「難しい」と口にしたあなたの顔は、深刻な表情をしています。

つまり全身の細胞が深刻モードになっている証拠です。

「楽しい」「面白い」「素晴らしい」と口にしたあなたの顔は、イキイキした表情をしています。

つまり全身の細胞が幸せモードになっている証拠なのです。

感情に言葉が従うのではなく、言葉に感情が従うのです。

感情に表情が従うのではなく、表情に感情が従うのです。

試しに今日から勉強していて難しい問題に出逢ったら、「これは面白いぞ」と言ってみましょう。

少なくとも思考停止状態にはならずに、楽しく考え続けることができるはずです。

✅ 目の前の問題は、「難しい」と口にすると敵になり、「楽しい」と口にすると味方になるのです!

模範解答がある問題は、わからなければすぐに答えを見る

その⑧!

もしあなたが受験や資格試験の勉強をしているなら、合格までの期間は短ければ短いほどいいです。

なぜなら受験や資格試験というのは手段であって、目的ではないからです。

手段ではなく、手段の先の目的にあなたの貴重な時間を費やすべきです。

受験や資格試験というのは、基本的に模範解答がすでに用意されています。

✅ 模範解答のある問題は、自力で考えてわからなければさっさと答えを見ることです!

これが模範解答暗記競争の王道なのです。

ところがたまに変なポリシーやプライドを持っていて、何時間も自力で考えてからでなければ答えを見てはいけないと信じている人がいます。

現実にこれを貫くと、時間がどれだけあっても不足します。

だったらさっさと模範解答を読んでしまい、「こういう問題はこう解く」と理解して記憶してしまうのが早いです。

✅ 知らない問題は早々に諦めて、模範解答を読んで理解し記憶していけばいいでしょう!

最後に、模範解答のある勉強を短縮する決定打として、過去問の活用を強調しておきます。

過去問を受験直前の力試しで解こうとする人がいますが、それをやると確実に自滅します。

なぜなら過去問を直前になって初めてやっても、まったく解けないからです。

戦意喪失してしまうのがオチでしょう…

✅ 過去問は受験を決意したその日から、1問も解けなくていいから毎日眺めることです!

そして勉強の進度に合わせてその都度過去問を解き、理解して記憶していくことです。

模範解答がない問題は、一生考え続けると腹をくくる

最後、その⑨!

仕事で直面する問題の多くには模範解答が存在しません。

仮に模範解答のようなものがあったとしても、そこから利益が生じることはありません。

✅ 利益が生じるのは、すべて模範解答のないものからです!

例えば、司法試験に合格するのに必要なのは、模範解答のある勉強です。

しかし司法試験に合格後、裁判で勝ち続けるのに必要なのは模範解答のない勉強です。

司法試験に合格しても、それ自体に対してお金は1円も発生しませんが、裁判で勝てばまとまったお金が入ります。

換言すれば、だからこそ仕事は面白いんですよね。

✅ だからこそ、模範解答の存在しない世界は奥が深いのです!

ここで大切なことは、模範解答がない問題は一生考え続けると腹をくくることです。

腹をくくってしまえば、もうないものねだりをして無駄な時間を使わなくて済みます。

つまり勉強のスピードがアップするということです。

✅ 模範解答がない問題は、その都度、一生考え続けようと決断をしていく以外に方法はないのです!

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!

✅ 就職の為に資格取得を考えている学生
✅ 資格を取得してキャリアアップをしたいビジネスマン
✅ 低料金で資格取得をしたい方

こう思っている人は、「いつでもどこでも勉強できるオンラインの資格学習サービス」がオススメ!

✔️ 月額980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能です!
✔️ スマホでもパソコンでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能です!
✔️ 資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービーです!
✔️ 過去問を徹底分析した問題演習機能が付いています!

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

効率の良い勉強法をマスターした上で、オンライン学習を受ければ、どんな資格でも合格間違いなし!

心理学

Posted by ryon