【恋愛心理学】愛が長続きするカップルの特徴と「しぐさ」のコツ

2020年2月15日

本記事は、こう思っている男性・女性に向けた内容です!

✅ 彼氏・彼女とマンネリ化している

✅ 旦那・嫁とマンネリ化している

✅ パートナーのことをもっとよく知りたい

✅ パートナーともっと愛し合う関係になりたい

以下、目次となります。

愛が長続きする「しぐさ」のコツ

恋するカップルには、一目でそうとわかる特別な何かがあります。

同じようなテンポで動き、姿勢もしぐさもとても似ているのです!

✅ 女性が脚を組むと、男性もそれにならう。男性が手を身体の前に垂らせば、女性も同じようにする。どちらかが首を傾げれば、もう片方も同じしぐさをする。動くスピードも同じ、呼吸のテンポすら一緒なのです!これは波長がピッタリ合っていることを示すサインとなります。

呼吸や身体の姿勢が同じということは、考え方や感じ方も似ていると考えていいでしょう。

なぜなら、身体は心に影響を与えるからです。

ちなみに、合唱団でも短時間で同じような現象が起こります。

同時に1つのことを目指し、同じような動きや姿勢をとり、同じ活動に勤しめば、人と人との間に境界はなくなります。この状態を「ラポール」と言います。

よくファッションとかも、パートナーの趣向に合わせるって聞くけど、愛し合っていれば全ては1つになるんだね!!

「ラポール」。ぜひ覚えておきたいわね!

恋人やパートナーの本心に気づけず誤解やすれ違いが生じてしまったという経験は、おそらく誰にでもあることでしょう。

パートナーの隠れた本心を読み取るには、どうすればいいでしょうか?

喧嘩を避けるには、あるいはたとえ喧嘩になってもそれが個人攻撃や相手への侮辱にならないようにするには、何を心掛ければいいでしょうか?

答えは、「ラポール」にあるんです!

信頼のもと「ラポール」はつくり出せる!

「ラポール」はつくり出せる!

言葉を介することなく、身体言語だけでお互いの気持ちを伝え合い、理解し合えるとしたら、すごいことだと思いませんか?

✅ 誰かに強く共感すると、私たちは言葉ではなく身体を介して「あなたと私は同じですよ」というメッセージを相手に伝えようとします。

こうした共感による強い結びつきを指す言葉が、先程も説明した「ラポール」になります。

ラポールはお互いへの信頼感から成り立っているとても心地よい感覚で、意識的につくり出すことも可能なんです!

ただし、そのためには相手の「行動の仕組み」をしっかりと把握しておかなくてはなりません。

また、人間関係においてラポールはとても大切です。

パートナーとの間にラポールが築かれると、私たちはただそれだけの理由から、お互いのことをもっと好きになります。

「人は自分と似た人に親近感を覚える」という法則だね!

✅ ラポールは相手の身体言語、例えば姿勢やしぐさ、身振り、呼吸のリズムなどに同調することで生み出されます。

しかし、パートナーと意見が対立すると、多くの人は本能的にラポールを切ってしまいます。

意見が異なれば、身体の状態も同じではいられないからです。

そして、ここにこそパートナーとの関係を改善するヒントが隠れています。

✅ たとえあなたがパートナーと激しく言い争っていたとしても、身体言語を相手と同調させ続ければ、ラポールは無意識下で保たれるのです!

すると対立はあくまで内容レベルのものとなり、感情レベルのラポールは損なわれません。

言葉では喧嘩していますが、身体は同調しているからです。

ラポールさえ保たれていれば、パートナーと意見が違うことはそう大した問題ではなくなります。

むしろ、意見が違ってもハッキリと自分の考えを主張できるようになるでしょう。

ラポールは口から出る言葉ではなく、身体を通じて形成されるのですから。

「ラポール」恐るべし

ここで、パートナーと2人でできるトレーニングを1つご紹介しましょう。

まずパートナーと向き合って座り、2人の間で意見が一致しているテーマについて語り合ってください。

ただし、このとき意識して相手の身体言語に同調しないようにします。

これを数分間続けて、どんなことが起こるか見てみましょう!

次に話題を変えて、お互いの意見が違うテーマについて話し合います。

それとともに今度は相手の身体言語に同調してみましょう。

呼吸やしぐさなどに気を配ること。

これによって無意識のうちにラポールが築かれます。

反対ばかりする人に、イエスと言わせる裏ワザ

反対ばかりする人に、イエスと言わせる裏ワザ

ところで世の中には、他人の言うことに、いつも難癖をつけたがるタイプの人間もいます。

思春期ならまだしも、大人になってもそうした行動から卒業できないのです。

コチラの意見に反対ばかりしてくる人と「ラポール」を築くには、どうすればいいでしょう?

✅ 最初のステップは相手の身体言語に同調することです!

これであなたとその人は非言語レベルでは一体となります。

しかし、さらに良い方法があります。

✅ 「けれど」という言葉を巧みに使うことです!

例えば、「あなたはそうは思わないだろうけれど」と言ってから、自分の意見を言うのです。

あなたはそうは思わないだろうけれど、この料理、おいしいわね!

いや、おいしいと思ってるよ。

こんな感じです。

✅ 「けれど」のあとには、あなたの意見や望みを入れます。相手はいつも人の言うことに反対しているから、ここでも普段のパターン通り「いやいや、そう思ってる!」とあなたの言葉を否定するでしょう。その結果、あなたが本当に言いたかったことに同意してしまうのです!!

異性との仲について本気で悩んでいる

✅「自分の恋愛話を友人にはしたくない」

✅「もっと本格的なアドバイスをいただきたい」

という方は、専門の占い師に相談してみるのも一つの手です。

恋愛に限った話ではありませんが、自分の中で「悩み」を溜め込むことは良いことではありません。

また、恋愛ベタな方だと1人で暴走気味な恋愛行動に走ってしまう場合も…

「恋は盲目」とよく言いますから。

他人に相談することで、自分では想像していなかったアドバイスをもらえるかもしれません。

「デスティニー」という占いサイトを知っていますか?

会員登録が無料ということに加え、お好きな鑑定方法(①電話②チャット③メール)を選択できるのも嬉しい要素です。

気軽な気持ちで、まずはお試し鑑定からご相談してみてはいかがでしょうか?

電話占いデスティニー

カウンセラーが存在するように、恋愛相談もいわゆるその道のプロにお任せするのが1番の近道かも!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

本記事を通して、「ラポール」の重要さ、重大さをわかっていただけましたか?

何か言葉が難しくて理解できなかったとという方は、「ラポールは相手の姿勢やしぐさ、身振り、呼吸のリズムなどに同調することで生み出される」ということだけ覚えておいてください!

「同調」が大切な要素となります。

本日の講座は以上となります!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは!

心理学

Posted by ryon