【茶髪や巻き髪で内定式!?】派手な髪色の社会人でも仕事のできる人になれます!

2020年2月15日

派手な新社会人でも成功できるんです!

ども!りょんです。

本日の「Yahoo」トップニュースに、とある記事を発見!

多くの企業が10月1日、来春の入社予定者を迎える内定式を開きました。

中には、自由な髪形で参加を促す企業もありました。

とある企業では、会社側が事前にメール等で「自由な髪形で内定式に参加するように」と呼びかける事態。

女子学生を中心に1割ほどが茶色に染めたり、髪を巻いたりして出席したそうです。

いやぁ、スゴイ時代になりましたね!
この記事を読んだとき、ちょっとニヤッとしてしまいました。

ちょっと考えられない!
昔は黒髪で、髪を1つにまとめるのが普通だったのに!

いや、僕はコレ、賛成だな。
見た目は多少派手でも、個人の大事な「個性」だからね!

そもそも日本は堅苦しいんだよ!
みんなして同じ髪型?髪色?
軍隊みたいで気持ちが悪い!

なぜ私がこんなに「茶髪」や「巻き髪」を擁護するのか?

✅ 私自身は男性ですが、茶髪・長髪で社会人デビューしたからです!

50代のいわゆる管理職世代には、派手な髪色・髪型は好まれないでしょう。

しかし、しっかりとした姿勢・心構えさえあれば、派手な見た目なんて関係なくなるくらい、仕事で評価されることが可能です。

私自身、様々な心理学・交渉術・説得術などを学び、仕事上で体現することができましたから。

本日は、そんな姿勢・心構えの部分をしっかりと伝授したいと思います!!

緊張をほぐすのに1番効果的なのは、姿勢を変えること

緊張には姿勢を変えろ

ここで大切なことは「どんなしぐさをしているか?そのしぐさがあなたの思考に影響を及ぼす」ということです。

例えば、緊張をほぐすのに1番効果的なのは、姿勢を変えることだと言われています。

それだけで、新しい姿勢に引っ張られるように思考も変わるんです。

あなたは椅子に座って本を読みますか?

その座り心地は、ゆったりと快適?

せせこましくて不快?

その感覚をよくよく頭に思い浮かべ、「快適だな」もしくは「不快だな」と考えてみてください。

そして同時に座り方を変えてみてください。

すると驚くべきことに、思考は座り方に合わせて変わってしまうのです!

身体の姿勢は、あなたが思っている以上に人生を大きく左右します。

身体の状態は思考に必ず影響を与えるんだ!

「誠実さ」は、たった30秒で見抜かれる

「誠実さ」は、たった30秒で見抜かれる

相手の身体言語を読み取り、その意味を理解する能力は、生きていくうえで大いに役立ちます。

とある社会心理学者がこんな実験を行いました。

学生に対し、13人の教授を撮影した5分間のビデオを見てもらい、その教授がどんな人かを予想してもらうというものです。

ビデオには音は入っていません。

学生は教授たちの「しぐさ」だけを頼りに判断を下します。

結果は驚くべきものでした。

学生たちはほんの短時間ビデオを見ただけで、それぞれの教授がどんな人物かを見極めていたのです!

学生たちは、ときには一目見ただけで、あるいは堅苦しい姿勢や、ピクリと目元が動いたといった手掛かりから、その教授の誠実さ、支配性、熱意、ユーモアがあるかどうかなどを素早く判断していたのです。

人間の表情や身振りは無意識なだけに、本当の姿を教えてくれます。

この実験はそれを証明してくれました。

すごい!
「しぐさ」ってそんな顕著な結果として表れるんだぁ

✅ 自分のしぐさは、人にどんな印象を与えているのでしょうか?

自分の身体言語が自分自身の考え方や行動に、いかに影響を及ぼすかを、あなたは意識できていますか?

それはすべて、自分の身体をどうコントロールするかにかかっています。

身体と思考は決して一方通行ではなく、常に双方向だからです。

「すべての力は自分の内面から生じるのです!」

要するに、私たちの幸福や、身の回りの世界に対する認識は、すべて自分の思考から生まれます。

そして、それが身体にも実際に形となって表れるのです。

何か難しい話だけど。
「身体と思考は1つ」ということかな?
これからは身体・姿勢も、他人に見られているって意識を持って行動しよう!

一瞬で優位に立てる「勝利のポーズ」

高パワーポーズで上司からの評価も上がる

ポーズによって意識的に自分の思考をコントロールする方法はあるのでしょうか?

ポジティブな効果を与える、勝利と優位のポーズと言われているのが「パワーポーズ」というものです。

身体をいっぱいに伸ばしたり、両脚を大きく広げて立ったり、大きな歩幅で歩いたりするのが一例です。

身体を大きく広げ、目一杯スペースを使っている人物がオドオドしたタイプだとは誰も考えないでしょう?

そして実際、こういうポーズをとれば、オドオドする気持ちは消えていきます。

自分の劣った部分を意識するという思考と、大きく堂々としたポーズとは、どうしても両立しないからです!

ここで下の画像をご覧ください。

高パワーポーズ
低パワーポーズ

簡単なイメージが掴めましたか?

✅ 「優位性ホルモン」…テストステロン

✅ 「ストレスホルモン」…コルチゾール

人間の体内ではホルモンがつくられますが、自信に満ち溢れているときに分泌されるテストステロン、ストレスを感じたときに分泌されるコルチゾールというものがあります。

✔️ 実は、高パワーポーズをすればするほどテストステロンは増加し、コルチゾールは減少します。逆に、低パワーポーズをすればするほど、テストステロンは減少し、コルチゾールは増加します。

✔️ 高パワーポーズをとった人たちは、リスクを恐れにくく、ストレスを感じにくいだけでなく、自分のことをパワフルで強いと感じることができます!

これこそまさに、身体言語が思考を変えることの証明です。

また、このことは日常的な場面からも証明できます。

例えば、上司との大事な会議・打ち合わせの直前、あなたは何をしますか?

自分のデスクにぼんやりと座って、緊張でそわそわしながらパソコンを眺める?

要点をまとめたメモを見直す?

いずれにせよ、そのときのあなたは身体を小さくして、視線を下に向け、ギュッと縮こまった姿勢をとっているのではないでしょうか?

これでは高パワーポーズとはほど遠いですよね?

✅ こういう場面でこそ、高パワーポーズをとることが実に効果的なのです!

ぜひ皆さんも「高パワーポーズ」を!!

あとがき

さて、いかがでしたでしょうか?

身体言語は思考に影響を及ぼす、ということをわかっていただけましたか?

その思考は、今度は感情を左右します。

感情は行動を左右し、行動は成功を左右するのです!

「ポーズで自分を騙し、自信を深めるなんてただの見せかけだ!」と考える人もいるかもしれません。

しかし、ポーズや姿勢で自信を深めるというこの方法は、誰にも迷惑をかけず、誰の思想を操るものでもありません。

あなた自身がほんの少し生きやすくなる方法なのです!

だからぜひ、この高パワーポーズを試してみてください。

たった2分でもいいです。

それだけの時間を割く価値は十分にあります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは!

トレンド

Posted by ryon