【恋愛における深層心理と行動】「しぐさ」で嘘を見抜く方法

2020年2月13日

「しぐさ」で嘘を見抜く方法

どうも!りょんです。
「嘘」を見破るのって難しいですよね。
異性に「嘘をつかれているかも!?」と、不安に感じている方も多いのではないでしょうか?
けど、意外と見逃されがちな事実ですが、うまく嘘をつくことは簡単なことではないんです。
誰かを欺くには相応の表情をつくって、話さなくてはいけませんから。
本日はそんな「嘘」のお話。
「しぐさ」で嘘を見抜いてやりましょう!

「言葉」の前の「動作」を見逃すな!

私たちは口だけでなく、身体全体を使い、絶えずコミュニケーションし、思考し、話しています。

それでは、ある感情が生まれたとき、その次に現れるのは「言葉」と「動作」のどちらが先でしょうか?

答えは…

「感情→動作→言葉」

という順序になります。

例えば、貴方が非常に腹が立っているとしましょう。

そのとき、貴方の中で何がどんな順番で起こっているのでしょうか?

① 脳が「自分は怒っている」と気づく

② 手がドンと机を叩く

③ 「もう我慢できない!」と言葉が出てくる

この順序は特に意識しない限り、変わることはありません。

そして、さらに重要なことは「言葉」は嘘をつく、ということになります。

「動作」には本音が出ます。

しかし、その後に発する「言葉」は嘘をつけます。

つまり、相手の本音を見抜きたければ、「言葉」の前の「動作」を見逃してはいけません!

ケース

・街で片思い中の女性に出会った

上記ケースで、簡単に相手の本性を知ることができます。

(相手が自分に会えて本当に嬉しい場合)

① 相手が自分に気づく

② 顔に笑みが浮かぶ(動作)

③ 「会えて嬉しい」と声をかける(言葉)

(相手が自分に会えて喜んでいるふりをしている場合)

① 相手が自分に気づく

② 「会えて嬉しい」と声をかける(言葉)

③ 顔に笑みが浮かぶ(動作)

はい。ご覧のとおり、②と③の順番によって本音か嘘か、簡単に見抜くことができますね。

とっさの仕草で本音を見抜くことは容易なことなのです。

今回は「恋愛心理学」ということで本ケースをご紹介しておりますが、これは友人や家族、仕事上でも使えるスキルとなります。

覚えておいて損はないでしょう。

人の身体は、絶えず「おしゃべり」をしている

身体言語には、「身体→思考への影響」と「思考→身体への影響」という、2つの方向性があります。

身体言語を操る「ボディーリーダー」は、どちらの方向にも通訳できないといけません。

そのためには、まず何といっても相手の仕草や声のアクセントをよく観察すること。

こうして観察力を磨けば、相手の本音を見抜けるようになるでしょう。

✔️相手が言葉のどこを強調しているか?

✔️身体の動かし方はどうか?

✔️どこを見ているか?

そのうち、人間の身体は絶えず非言語コミュニケーションを続けていることに気づくはずです。

私たちは四六時中、ひっきりなしにおしゃべりをしているのです。

仕草の中には、意図がとても明確なものがあります。

男性

「僕の部屋に来ない?大画面のスクリーンで一緒に映画を観ようよ!」

女性

「コクリ(うなずく)」

これは一目瞭然。OKのサインです。

しかし、もっとわかりづらいサインもあります。

女性

「あなたと一緒に働けてすごく嬉しい」

注)つま先と肩はあなたのほうを向いていない

男性

「ありがとう(照)」

こんなときは、言葉に騙されてはいけません。

仕草のサインに隠された本音を読み解かなくてはいけないのです。

しかし残念なことに、私たちは自分で思うほど小さな変化を読み取れてはいません。

微細なサインは、そうそう感知できるものではないのです。

というのも、実際人間が知覚しているのは、身の回りで起こっていることのほんの一部にすぎないから。

人の身体は、絶えず「おしゃべり」をしている中でも、小さな変化を読み解く「観察力」を徐々に培っていきましょう!

嘘は「しぐさ」に表れる!

嘘は「しぐさ」に表れる!

嘘をつくとき、私たちは大抵、自分の身振りに気を配り、意識してコントロールしようとします。

嘘が見抜かれないように、どう手を動かせば怪しく見えないか、アイコンタクトの長さはどれくらいがいいか、色々と考えるわけです。

すると身体言語には何らかの変化が生じます。

そして聞き手は、身体言語と実際に話された言葉とが食い違っていると、本能的にそれに気づくものなのです。

残念ながら100%嘘を見抜ける確実なサインというものは存在しません。

しかし、参考になるヒントならたくさんあります。

✅嘘を見抜くときに注目すべきは、あらゆる「しぐさ」。

身体だけでなく、話すテンポや声の調子、言葉の選び方なども重要なポイントです。

微妙な違いを読み取ることが必要となります。

勿論、誰かの嘘を見破ろうとするときは、その人の普段の喋り方などを先に知っておく必要があります。

まずはこれが判断の基準となります。

相手の身体言語が、「普段とちょっと違う?」と感じたら要注目!

その人は嘘をついているかもしれません。

嘘を見抜く力を身につけたい方は、まずは相手の話を注意深く聞いてみましょう。

✔️相手の口調に何か変化はないか?

✔️声の高低がめまぐるしく変わっていないか?

✔️話すテンポは速い?遅い?

✔️急に咳払いが増えてはいないか?

こうした現象はどれも、相手の心の中で何かが変化したことを示すサインです。

ここで極端な一例を。

パーティーのお誘い

私「今度の日曜日、Aさんのパーティーに来れる?」

友人「ああ、えー、ゴホッゴホッ、悪い!予定が入ってて」

これはどうも怪しい気がしますよね?

しかし、こうしたサインはどれも確実なものではありません。

相手が嘘などついていないことだってあるでしょう。

少なからず言えることは、これらは「警告のシグナル」です。

これらが耳に入ったら、より注意深く耳を研ぎ澄ませましょう!

左手で唇を触ったら嘘のサイン

左手で唇を触ったら嘘のサイン

嘘をついている人は…

✅普段より笑顔が増え、自分に触れる回数が多くなります。

特に、鼻と口を触る人が多いです。

まるでたった今、発した言葉を口の中に押し戻したいとでもいうように、「唇」に触れるしぐさが見られます。

ちなみに…

このしぐさはほぼ例外なく左手で行われます。

その人が右利きでも左利きでも関係ないのです。

嘘をつくと私たちの身体にはあるホルモンが放出され、その作用によって鼻周辺の血行がよくなり、かゆくなる、という説もあります。

嘘をつくときに増えるあるものとは?

嘘をつくときに増えるあるものとは?

心の中で緊張していると、身体のどこかも同じく緊張してしまいます。

ここでは、嘘をつく人に見られる、ある共通のサインをご紹介します。

ポイントは「増える」です。

✔️手の動きが増える

✔️自分の顔に触る回数が増える

✔️椅子の上で座り直す回数が増える

✔️肩をすくめる回数が増える

逆に「減る」ものもあります。

✔️嘘をついている人は、言葉数が少なくなります。

また、余談ではありますが、「嘘をつくとまっすぐ相手の目を見られず、視線をそらしてしまう」とよく言いますが、これは誤りです。

それどころか本当はむしろ逆なんです!

思考を巡らし考えを言葉にするとき、私たちは普通頻繁に視線をさまよわせます。

ところが、嘘をついている人は前もって言うべきことを準備しているため、視線をさまよわせて考える必要性がないのです!

5人のうち嘘をついたのは誰?

5人のうち嘘をついたのは誰?

嘘をついている人を見つけたければ、必ずしも「誰が嘘をついているか」を見つける必要はありません。

嘘をついていない人を見つければよいのです。

ケース

私の「iPhone」が友人5人と遊んでいるときに、知らぬ間に傷ついていた。

この傷は今までなく、確実に今日できた傷だ!

このような場合、重要なことは2つあります。

① 5人がいる状況下で、1人ずつ順番に同じ質問をする

② 質問されていない、他の4人の様子に注目

「iPhoneを傷つけたのは君?」

今まさに質問されている人は、意識を集中させ、身体言語にも気を遣います。

しかし、他の人が質問されている間は、注目されていないだろうと油断が生まれます。

注目すべきポイントは…

✅「興味がある」

ということを示すサインになります。

嘘をついている人は、他の人がどう答えるかに全く興味を示しません。

なぜなら、その人が嘘をついていないと知っているからです。

それよりも自分が嘘をつき通せるか不安でプレッシャーを感じていることでしょう。

本当のことを言っている人は、そうしたプレッシャーが皆無です。

むしろ他の人がどう答えるか、どんなふうに嘘をつくかを興味津々で見守っています。

あとがき

さて、いかがでしたでしょうか?

本日は「恋愛心理学×嘘」をテーマにお話を進めてまいりました。

まぁ、私の考えですが「この人、嘘をついているかも!?」と疑ってしまう異性とはお付き合いしたくないですけどね。(笑)

お互いに心地の良い雰囲気で、本音を言い合える仲がやはり1番です。

しかし、ときには「つかなくてはいけない嘘」ということで、嘘が生まれる可能性もあります。

そんなときは、今回ご紹介した方法で、相手の嘘を見抜いてください!

本日の講座は以上となります!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは!

心理学

Posted by ryon