【デート服はハイブランドで】ファッションのレンタルサービスが超絶良好な件

2020年2月12日

どうも!りょんです!
突然ですが、先日、女性に渡す誕生日プレゼントを購入してきました。
その子は私にとって気になる存在で、何とか喜んでくれるといいのですが…
ちなみに購入した物はコチラ!

アイコス3
プラダの財布

え? 愛が重いって??
確かにそうかもしれません。(笑)
しかし、私がココで言いたいことは、
質でもなく、価格でもない、別のことになります。

✅「自分で買う必要があるのか?ないのか?」

ということです。

世の中には、自分で買う必要のないモノが、つくづく多いと感じます。

例えば、今回私は「アイコス3」と「プラダのミニ財布」を購入しました。

渡す相手は既に「アイコス(古い型)」を持っています。

また、「ブランド物の長財布」も持っていると言っています。

今回、私がプレゼントしないと仮定すると、果たして彼女は自分自身で「アイコス3」と「ブランド物の財布」を購入したでしょうか?

答えは限りなく「NO」に近いと言えるでしょう。

そこで着目したのが「洋服(ファッション)」という分野

働く女性のスーツ姿

日々、日常を過ごす上で、私が最も「不要だな」と思う物。

それが「洋服」になります。

私自身、土日祝日休みで、基本的には月〜金までの勤務実態となっております。

月〜金までは常にスーツ姿。

帰宅すれば寝巻き、ダル着に着替えるといった毎日です。

土日祝日も特に予定がなければ寝巻き、ダル着の日常。

学生時代にはアパレル経験もあり、オシャレに敏感だったため「洋服命」と常日頃から思っていました。

しかし社会人となり、歳も重ね、ライフスタイルが一変した今、1つ気づいてしまったんですよね。

✅「え?そんなに洋服いらなくね??」

かさばるクローゼット・タンス、もう着ることのない大量の洋服たち。

価値のない「金」を所持している気分です。(笑)

そんなとき、私が出会ったのが「月額制ファッションレンタル」。

私と同じ悩みを抱えている方、男性より多くの衣類を所持している女性たち。

これからの時代はファッションレンタルがオススメですよ!

豊富なカテゴリー・ブランドが魅力的

豊富な洋服と有名なブランド物

✅「ファッションレンタルなんて大した商品ないでしょ?」

✅「品揃えも乏しそう」

いえいえ、そんなことはありませんよ!

この「EDIST.CLOSET」というサイトなら「不安」を一瞬にして「安心」に変えてくれます。

メリットは大まかに分けて3つ。

① 洋服はすべてオリジナル 。大人の女性に合うデザインをモットーに、ユーザーの声やトレンドを反映した製品を開発しています!

② プロスタイリスト「お墨付き」コーデ。毎日の「服の組み合わせ」の悩みから解放され「時短」を提供してくれます!

③ プロスタイリストが監修したコーデセットの中から自分で選択できます!

✅「基本スーツで、あまり洋服を着ない方」

✅「忙しく、洋服選びをする時間があまりない方」

✅「簡単オシャレさんを目指している方」

✅「タンスの中に眠る大量の洋服を処分しようとしている方」

幅広い年代や様々なニーズに沿ったサービスを提供してくれることがわかります。

ユーザーの悩みはそれぞれ異なっていても、「EDIST.CLOSET」ならすべて解決してくれます!

多くのメリットを持ち、新時代の未知なる可能性を秘めた「ファッションレンタル」。

これを機に登録してみてはいかがでしょうか?

今なら期間限定の「初月無料キャンペーン」実施中!!

EDIST. CLOSET

「ファッションレンタル」の次は断捨離!

コストパフォーマンス

先ほどファッションレンタルの登録を済ませたというそこのあなた!!

ファッションレンタルは「お金」の面でも良いのです。

まず今現在、所有している洋服はどのくらいありますか?

✔️1軍の洋服(小物も含む)

✔️寝巻き、ダル着

これらを除いた洋服はこれから必要でしょうか?

ファッションレンタルをする予定、もしくは既にした、という場合であれば、先の洋服は「不要」だと思います。

思い切って売却・処分してしまいましょう。

✔️売ることにより、金銭面での拡充が図れる

✔️これからはレンタルのため、新しい衣類の購入費がなくなる

✔️既存の洋服処分で、新しい収納スペースが生まれる

いや、良いことづくしかよ…..

というわけで、年間の収入・支出の観点から見ても、日々のライフスタイルを考えてみても、ファッションレンタルは「お得」なことばかりなんですよね。

いやー、頭が上がりません。

あとがき

今回は「洋服×コストパフォーマンス」の観点から、ファッションレンタルをご紹介させていただきました。

何かの参考になりましたでしょうか?

私たちは日々生活していく上で…

✅「本当は不要なのに、必要だと錯覚してしまっている」

というモノ・コトに囲まれて生きていると思っています。

今一度、自身の周囲を見渡し、見直し、確認し、上手にモノ・コトとお付き合いしていってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは!