【キャバ嬢の本音と建前が知りたい】脈アリかを判断するには恋愛心理学を学ぼう!

2020年2月9日

意中のキャバ嬢
実はこう思っている!!

本記事は、

✅「キャバ嬢に恋をしてしまった」

✅「気になるキャバ嬢がいる」

✅「キャバ嬢と付き合いたい」

と、日々悶々とした生活を送っているメンズに捧げる記事となります。

夜の蝶であるキャバ嬢。

彼女らは、男性客が楽しい時間を過ごせるよう、最高の「おもてなし」をすることを心掛けています。

いわゆる夜の接客業のプロです。

彼女らと恋愛するには、仕事上で言う「キャスト」と「お客さん」の関係を壊さなければなりません。

お店に通い続けるために、それなりの資金も必要となります。

そして、最大のポイントとして、彼女は自分のことを「男性」と「ただのお客さん」、どちらで見ているのかということが大事となります。

あくまで彼女らは仕事中。

嫌なお客さんがいても、笑顔で応対します。

時には、嫌なお客さんでも、「また来てね」「最近、来てないね…いつ来れる?」等の、いわゆる営業をすることがあります。

キャバ嬢は一般女性と異なり、本音を知るのが大変困難なのです!!

そこで、今回私が皆さんに提唱したいのが、

「恋愛心理学」

というものです。

ナツメ社が出版した、齊藤勇(著)の「恋愛心理学」。

恋愛の攻略本と言っても過言ではありません。

私が恋愛心理学を知ることになったキッカケです。

話は変わりますが、私が恋愛心理学に興味を持ち始めたのは大学時代。

当時、付き合っていた彼女にフラれてしまい、どん底に落ちました。

心も身体もフラフラになる中、書店に足を踏み入れた私。

そんな時に出会ったのが、齊藤勇(著)の「恋愛心理学」です。

なぜ本書を購入したのか?

それは、そもそも男性と女性では、脳の構造が異なり、「本音と建前」の使い分けも異なる生き物だからです。

気持ちでは「○○してほしい」と思っていても、口には出さなかったり、言葉では「○○してほしい」と言っても、本音は異なっていたり等、人間というのはとてもややこしい生き物です。

そんな「ややこしさ」が少しでも判明したら、どんなに楽なことでしょう。

そう思い、私は恋愛心理学を学ぶことにしました。

気になる異性の「足」をチェック

さて、話がそれてしまいましたが、本音を隠すのがとても上手いキャバ嬢に対し、どう恋愛心理学を活用していけば良いでしょうか?

答えは…

✅「身体の向き、特に足の向きに着目すること」

上記が大変重要な要素です。

恋愛心理学における女性の特徴として、「好きな人であれば、足のつま先から顔や目、腰や身体など、あらゆる部分が相手の方向を向く」とされています。

場所はキャバクラ。女性は隣に座ることが絶対です。

恋愛心理学がこんなに活用できる場所も珍しいものなのです。

しかし、キャバ嬢は仕事中。

嫌なお客さんでも、顔や目、腰や身体は、無理やりお客さんの方向へ向ける可能性もあります。

要注意ですね!!

そこで特に着目したいのが「足の向き」。

足の向きこそ、無意識に本音が行動となります。

赤枠の向きに注目だ

キャバ嬢は接客中でも、足を組むことがあります。

そんな時こそ恋愛心理学の真骨頂!!

恋愛心理学においては、女性は、相手の横に座った場合、組んだ足の向いた方向が興味の方向、だとされています。

従って、上の画像で言うところの、右足のつま先の方向が、どちらに向いているかが大事なポイントです。

もし自分に向いている場合、「脈アリ」と捉えても良いかもしれません。

反対に、逆に向いていた場合、相手は早く逃げ出したい気持ちになっているのかもしれません。

足を組んだキャバ嬢が「○○さん好き〜」と言ったとしましょう。

もちろん男性は、それを言われて嬉しい感情しかありません。

しかし、足の向きは、、、、、!?

恋愛心理学とは大変奥深いものなのです。

もし、先に紹介した、齊藤勇(著)の「恋愛心理学」の内容がもっと知りたいと思った方、もしくは、他の恋愛心理学本も見てみたいと思った方は、「honto電子書籍ストア」をご覧ください。

様々なジャンルの本に出会うことができ、自己啓発にはもってこいです。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

また、今回は、キャバ嬢を題材とした足の向きについてご紹介しましたが、恋愛心理学は本当に様々な場面で活用・観察できます。

皆さんも恋愛心理学の真髄に触れて、女性の本音がわかる恋愛マスターになってください。

それでは!

恋愛

Posted by ryon