メンズメイクでイケメンに!【やり方・手順の紹介】

2020年1月30日

メンズメイクでイケメンに変身!!

さて、本日は「メイク」に関する記事を書いていきます。

✅「メイクがしたい」

✅「メイクを始めてみたい」

✅「どの商品を買ったら良いのかわからない」

上記の方々が、何かの参考にしてくだされば嬉しいです。

近年、益々増加の傾向にある通称「化粧男子」。

化粧は女性がするもの、という時代は終わったのです。

実は、私も現在、化粧をしております。

20代前半の頃には、まだまだ肌も綺麗でしたし、化粧をしてみようという考えは微塵もありませんでした。

しかし、30代に近づくにつれ、肌の黒ずみ、シワ等が目立つようになり、「何とかしないとな」と思うようになりました。

結論から言います。メイクは綺麗になります。

一度メイクにハマってしまった私は、もうメイク無しの生活は考えられません。

今では、化粧水からBBクリーム、ファンデーション、アイライナーにチーク、口紅まで購入し、メイクライフを楽しんでいます。

本日は、メイク初心者の方々に向け、「メンズメイクでイケメンになる方法」をご紹介していきます!

メイクの手順って?

手順を教えて!!

まずは「手順」についてです。

私は以下の手順でメイクを行なっています。

✔️ 洗顔フォームで肌をキレイに!

✔️ 化粧水で潤いを与える!

✔️ BBクリームを顔全体につける!

✔️ ファンデーションで顔全体をポンポン!

✔️ 眉マスカラをサッとつける!

✔️ アイラインを目尻のみ薄く引く!

✔️ 涙袋にアイシャドウを!

✔️ 赤リップで仕上げ!!

こんな感じですかね。

すべての手順をしっかりと丁寧に行うことで、今時イケメンに変身できちゃいますよ!

メイクをする上で注意点は?

注意点って!?

さて、手順についてはザックリと理解していただけたと思います。

続いては「注意点」についてです。

✅下手なメイクはブサイクメンズ、通称「ブサメン」に急降下します!

ここでは、メンズメイク初心者がやりがちな失敗を例に挙げ、正しいメイクのやり方をお教えします。

また、人間の印象は「目」がとても重要です!

つまり、「眉マスカラ」「アイライナー」の使い方がアフターイメージの優劣を左右します。

まずは下記画像をご覧ください。

↑ 「失敗例」

↓ 「成功例」

2つの画像を見比べると、「眉毛」が歴然の差ですよね!

眉マスカラを広範囲に使用してしまうと、いわゆる平安時代の貴族みたいな印象になってしまいます。

気をつけるべきは、既存の眉毛をなぞるように塗ること!

髪の毛の色に合わせた眉マスカラを使用することで、よりスタイリッシュな印象を与えることができます。

また、アイライナーについては、初心者のうちは目尻にサッと書くくらいで大丈夫です。

失敗例を見ていただくと、書きすぎて少々「滲み」が気になります。

✅メンズによるメイクですから、「やり過ぎない」ことが重要です!

おすすめ商品ってあるの?

良い商品が知りたい!!

最後におすすめ商品のご紹介です。

メンズメイク初心者にとっては、「色々と種類が豊富で、何が良いのかわからない!」と、メイク道具への不安・心配が大きいことでしょう。

ここでは、私も使用しているor使用したことのあるメイク道具をお教えします。

「最初の1品」に是非ご購入をおすすめします!

① カバークリーム

クライシスオムでテカリとおさらば!好感度UPのモテ肌に!

「crisishomme(クライシスオム)」のカバークリームは、テカリや毛穴の黒ずみ、肌の凹凸をカバーする優秀なメンズコスメです。

クライシスオムで好印象なモテ肌をゲットし、男をあげましょう!

② 化粧水

乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL 化粧水】

「NULL フェイスローション化粧水」は、男性のお肌のため、「うるおい」「低刺激」「エイジングケア」にアプローチする化粧水です!

角質層までスッと素早く浸透!ベタつきにくい!男性のスキンケアを考え抜いた商品です。

③ アイクリーム

男性用目の下特化型アイショットクリーム『メンズアイキララ』

男性肌は、肌内部の水分量が不足しているため、常に乾燥状態。

そのため、水分蒸散を防ぐ力が働き、本来剥がれ落ちるべき角質層が落ちずに、肌表面に蓄積され続けます。

こうなることで、肌が硬く、そして、厚くなってしまうのです。

このような男性肌には、ただ単純に女性用として作られたスキンケア商品を使っても、美容成分がスムーズに浸透していきません。

そこで、目の下特化型の主要成分を男性肌に効率よく、確実に浸透させるべく独自処方を導入したのが「メンズアイキララ」となります!

以上、3つの商品をご紹介させていただきました。

終わりに

メイクは本当に奥深いものです。

一度メイクの魅力に取り憑かれると、もう抜け出せなくなります。(笑)

これからも皆様の参考になるような、女性ウケする化粧の仕方、おすすめ商品の紹介などなど、記事にしていきたいと思っております。

それでは!

美容

Posted by ryon